Seven girls

Please Follow us!!
フォローお願いします!!
Seven girls

暑いです‥

また台風も‥

まだまだ残暑が続きそうです!

さてタイトルの『Seven girls』セブンガールズ

は20年来からの

知り合いでその頃ヘアーショーのモデルをして

頂いた方が出演する映画です!

わざわざポスターを持って来てくれました‼️

20周年を迎える劇団前方公演墳の2004年

の初年から、4度の再演を重ねてきた劇場作品

を映画化した作品なんです。

以下転載

夢を持つことも、希望を持つことも、恋をすることさえ贅沢だった終戦直後の物語。今日食べるもののためだけに生きる女たちを描いているこの物語は、極限状態に近いどん底にありながら、星を見上げ続けた夢の物語だ。女たちは、米兵に体を売る娼婦となることで生き抜き、風が吹けばきしむバラック小屋で手に手を取り合って共同生活を送っていた。

プライドを捨てたような彼女たちを人は指さし「パンパンガール」と蔑む。それでも、彼女たちは笑顔を見せ、歌い、踊る。心の底に小さな希望の灯を持ちながら。

2018年に旗揚げ20周年を迎える劇団前方公演墳の作品「セブンガールズ」は、多くの観客に愛され、2004年の初演から、4度の再演を重ねてきた小劇場作品。飽食の時代と言われる現代にあって、今やファンタジーともいえるこの時代の物語が愛された理由は、現代においても「真剣に生きる」ことが求められているからこそだ。人は、本気で夢を追い、希望を抱き、壊れるような恋を求め願っている証拠だろう。

「この作品を世に残したい」たった一つの願いが、奇跡としか思えないこの映画を生みだすことになった。これまでの小劇場作品の映画化は全て、脚本、監督が変わり、キャストが有名俳優となり、別の形としての映像化だった。そうしなければ映画製作の企画が通ることはなかったからだ。それを舞台同様のオリヂナルキャスト、原作が監督での製作するには、俳優たちが自ら、映画化に向けて自分たちでやれることは全てやっていく方法しか残されていなかった。

クラウドファンディングで資金を募り、自らの足でロケ地をめぐり、終戦直後と同じように自分たちの手でバラック小屋を建て、8か月にも及ぶ稽古を重ねることで、これまでの常識を覆す文字数のシナリオを、わずかな資金、わずかな日程で、撮影に及んだのだ。

終戦直後の小さな希望と、現代に生きる劇団員たちの夢がクロスオーヴァーしていく。どんな状況でも、どんな環境でも、どんな困難にも負けないパンパンガールたちのように、映画化に向けて走り回った。この映画は、過去の物語ではない。現代を生きる全ての人の物語だ。どん底でも笑える強い人間の物語だ。

もっと詳しく映画のキャスト等こちらからどうぞ

映画化するためにはきっと劇団員皆さんの熱い

思いと努力があったのだと思います!

その熱い思いのこもった映画を観に足をお運び

くださいね!

1週間の限定です

チケットの予約は今すぐ

2018/9/29~10/5

新宿 K’sシネマ

場所はこちらです

伊藤充広で予約する

この記事を書いた伊藤充広でご予約をご希望のお客様は下記リンクよりご予約ください
初めての御来店のお客様もご予約いただければとても嬉しいです!!

Abou This Author

ceo伊藤充広
山野美容専門学校卒業後、萩原宗美容室にてTop Stylist を経て 渡英 vidal sassoon academy Sanrizz にて カットテクニックを学ぶ傍ら Sanrizzにてサロンワーク 帰国後 萩原宗美容研究会 関東副委員長就任 。アーティステックチーム Artsとして ヘアーショー、コンテスト等出演 その後足立区西新井大師にhair Chameを経営する。 趣味はゴルフ、ピアノ、阿波踊り鳴らす阿呆 阿波踊り粋西連で連長も務め篠笛を奏でてます!!
←SNSはお気軽にフォローお願いします